債務整理 デメリット

債務整理をすることにより、借金が減額したり、毎月の支払いが減ることで生活を立て直すことができます。

借金の利息ばかり払い続けて元金が減らなかったり、借金を返すために借金をする状態になっている人にはメリットが大きいです。

ですが、債務整理にもデメリットがあります。
メリットだけに目を向けるのではなく、デメリットを踏まえたうえで債務整理をすることがとても大事です。

債務整理をすべきかわからない場合は、弁護士や司法書士に相談する方が確実だと思われます。

債務整理におけるデメリットをまとめてみました。

 

ブラックリストへの登録

自己破産、個人再生、任意整理をすると、ブラックリストに登録されます。

信用情報機関に債務整理したことが事故情報として登録されるので、一定期間、借り入れが制限されます。

借り入れができなくなる期間はそれぞれで異なります。
自己破産:約5年~10年
個人再生:約5年~10年
任意整理:5年

ちなみに、ブラックリストへの登録は債務整理をした本人なので、その方の家族の情報が登録されることはないです。

ブラックリストに載ったことが家族や会社に知らされるわけではないので、自分から言わなければバレることはないのは安心材料ですね。

 

官報に名前が載る

自己破産と個人再生をすると、国が発行している官報という広報誌に氏名と住所が掲載されます(官報公告)。

官報の存在自体を知っている人は一般ではほとんどいないのですが、債務整理をしたことが公表されるというリスクがあります。

 

保証人に請求がいく

債務整理をするときに気がかりなのが、保証人に迷惑をかけてしまうことです。

自己破産と個人再生をすると、債権者から保証人に請求がいき、保証人の債務が発生します。
任意整理の場合も保証人に請求がいきますが、きちんと支払いをすれば保証人が債務を負うことはないです。

自分の大切な人に保証人になってもらっているケースが多いと思いますので、債務整理後のことをちゃんと考えておいた方がよさそうです。

 

上記以外では、自己破産すると免責決定までは就業できない職業(保険の外交員、警備会社の警備員など)というデメリットがあります。

© 2019 債務整理 rss