債務整理 任意整理 違い

似た名前なので間違いやすいのが、「債務整理」と「任意整理」です。
債務整理と任意整理の違いですが、債務整理の一つが任意整理です。

債務整理には、「任意整理」「個人再生」「自己破産」があります。

全て借金返済に対して有効な手段ですが、費用やデメリットが異なります。


債務整理をしたい、しなければいけないけど迷っている理由が、
会社や家族にばれたくない
という人も少なからずいます。

債務整理の体験談を見ても、周りにばれてしまうか心配だった、ということをよく目にします。


任意整理は債務者(借入先の会社など)と交渉して和解契約を結びます。
借金の元金をちゃんと返済する代わり、利息はカットしてほしい、という感じです。

任意整理をすることで、毎月の返済額が減額になるので、元金の返済に回すことができます。
弁護士や司法書士に任意整理を依頼することで、可能な返済計画を3~5年計画で立てて、計画に沿って返済をしていきます。


任意整理のメリットは、家族や会社にばれるリスクが債務整理の中で最も少ないことです。
家族や会社に連絡が行くわけではないので、隠し通すことも可能です。

保証人にも連絡がいかないようにもできるのと、資産を売却する必要がないので、
車ローンや住宅ローンが残っているけど車や家を手放すわけにはいかない
という方には適しています。

 

債務整理 任意整理 費用

債務整理のうち、任意整理を依頼する費用は一番安いです。

相場としては、債権者1件につき2~5万円です。
費用は案件にもよるのと、着手金不要かどうかにもよります。

また、傾向としては弁護士よりも司法書士に依頼した方が費用を抑えることができます。


借金返済に困っているのに、任意整理の費用を用意できない、とお困りの方。
着手金不要や分割払い、後払いが可能なところもありますので、まずは相談してみてはいかがでしょうか。

任意整理をして毎月の返済額が減る分で費用がまかなえる可能性も十分あります。

費用がかかることでやらないより、どうやったらできるかを弁護士や司法書士に相談して計画を立てていけばいいかと思います。

 

債務整理 任意整理 デメリット

債務整理をすると、いわゆるブラックリストに入ります。

任意整理はブラックリストの期間が短いですが、それでも5年です。
ブラックリスト期間中はクレジットカードが使えないのと、ローンが組めなくなります。


デメリットにもなりうるのは、債権者が任意整理に応じてくれないこと、そして減額が思ったより少ないかもしれないことです。
特に、過払い金がない場合は、減額幅があまりないケースもあります。


デメリットはありますが、借金返済には効果的でハードルも低めなので、相談から始めてみてはいかがでしょうか。

© 2019 債務整理 rss